たかもりくみこについて

 

 

 

 

 

魂を読み解く、子育てコンサルタント
思春期以降も「ずっと幸せな子育て」研究家

ライフワークのテーマは

「子どもたちが最高の人生を生きていくために
自分を信頼して、自由に豊かに幸せに人生を創っていく大人のサポートをすること」

「子どもが自分らしく輝き、思春期以降も良い親子関係を築いていく」ため、
“子育てにスピリチュアリティを”取り入れた子育てメソッドを提唱。

これまで2300人以上の親子セッションを通じ、この分野について20年以上
独自の研究を重ね、そのエッセンスを伝えるセミナーやクラスは
300人以上の受講生を輩出している。

 子どもの魂の声を聴き、悩みを的確に紐解く深いリーディング力と、
一瞬で癒していくヒーリング力、自身の豊富な子育て体験から
ママの気持ちに愛と信頼をもって寄り添うセッションは、
より良い子育てをしたい、と望むママたちから
「安心しました。」「将来が楽しみになりました。」
と口コミで話題になり、常に満席。

児童館での絵本の読み聞かせボランティアやPTA活動に長年関わる。
2003年、シュタイナー教育、自然育児をベースとした、
子どもにとっての理想の園を創ろう、と仲間のママたちに声をかけ、
井の頭公園近くの一軒家を拠点に、先生を招き、立ち上げ、
運営、閉園(2011年)まで関わる。

名古屋市出身。名古屋大学法学部法律学科卒。
小学生、高校生、大学生の3人の息子とパートナーの5人家族。

自分自身の数々の体験から、

特に子育て、受験、パートナーシップの再構築、豊かさ が得意分野。

目に見えない世界と通じながらも、法律的な感覚や自ら3人の子どもを育て、地元でのボランティアやPTA等に関わってきた、という現実的な感覚も強み。「腑に落ちた」「ものすごく納得しました」との声多数。

大学生、高校生、小学生の3人の男子と共に日々リアルで豊富な体験を重ねながら、透視やテレパシーの才能を生かし、スピリチュアルティーチャーとして活動するライフスタイルは他に類をみない。

大切にしている言葉は

「non judgemental warmth(判断しない温かさ)」

趣味は多言語活動(ホームステイの受け入れなど)、庭仕事、読書、朝晩の瞑想。

推薦者の声

日登美さん(料理家・モデル)

くらしに根づいたスピリチュアルは日々の生活や子育てをぐっと楽しくグレードアップさせてくれます。長年のママ友でもある、くみこさんのリーディングセッションでより豊かな日々を・・・
著書:「日登美さんちの4人の子ども」「日登美のHOME LIFE」「日登美のオーガニックな家庭料理」「ブラジルの我が家」


リン・ロビンソンさん(世界的に著名な直感コンサルタント)

KUMIKO SAN is a fabulous teacher + full of energy + wisdom!
(くみこさんは、素晴らしい先生で、エネルギーと英知に満ちています!)

 

 

 

略歴

幼い頃から、「世界は本当はこんなんじゃないのに」など、繊細で感じやすく「なぜ、大人は子どもの本当の気持ちが分からないのだろう?」と思っている子ども時代を過ごす。

子どもを出産後、目の前の子どもが「その子らしく自由に生きていくにはどうしたらよいのだろう?」
と考え続けること早20年。

子育ての過程で、絵本の奥深さ、わらべうたの楽しさ、子守唄の豊かさ、シュタイナー教育の世界観、
人生観に興味を持ち、ホメオパシーやフラワーエッセンス、アロマ他自然療法のいろいろ、マクロビオティック他様々学ぶ。
趣味であった草木染がきっかけで、ネットショップを立ち上げ、運営。また、NPO法人自然育児友の会や自宅、「はらっぱ園」にて草木染を教えるクラスを開催し、好評を得る。

2003年子どもの魂にとっての理想の幼稚園「はらっぱ園」を仲間のお母さんたちと立ち上げ、運営。
シュタイナー教育の子ども観を大切に、子どもの本質をまっすぐに捉え、接する稀有な保育者のもと、
自然豊かな井の頭公園での外遊びと小さな園舎にて、その子らしい「子ども時代」を豊かに楽しむ園の
運営でワークショップやバザーなどイベントの企画を主に担当。(2011年春閉園)

三男を自宅出産後、子育てに行き詰まる。
三男の言動が理解できず、「魂」から理解しないとこの子と深くつながれない、と危機感を抱き、
小さい頃から興味のあった「魂について」「人生のしくみ」「宇宙の法則」を学び始める。

2006~2007年、アメリカ人の著名なサイキックである、レバナ・シェル・ブドラ女史のもと、2007年透視能力コース卒業。その際、道具も何も要らないばかりか、一瞬で信頼構築できるリーディングと、スピリチュアルなスキルによる現実の変容のすごさに感動し、いつかスピリチュアルティーチャーになりたい、と夢を抱く。
卒業後、オーラのリーディングやヒーリングセッション活動スタート。
子育ての傍ら、お茶会や講座など、約8年間で、親子で延べ2300人以上のセッション実績がある。

2010年11月のある日の夜中、友人の2歳の女の子と別の友人のパートナーからテレパシーでメッセージを受け取る。そのメッセージを、それぞれお母さんと友人に伝えたことで状況が好転。以来、魂のメッセージを伝えるセッションをスタート。

2012年、「子どもが一層愛おしくなる マザーズプログラム」開講。毎回満席。子育て中のお母さんたちに好評を得る。

2013年より約1年半、宇宙の法則と、スピリチュアルなスキルを教える認定講師を務め、その後独立、今に至る。

長男、次男の2度の高校受験と長男の大学受験、周囲の子どもたちの体験により、スピリチュアリティを大切にし、エネルギーを読むこと、潜在意識を活用することで「受験」という最たる現実も親子共に無駄なエネルギーを使うことなくスムーズに乗り越えられることを実体験として体感。受験により、無用な心の傷を負うことなく、自分らしさを発揮し、幸せに過ごせる学校(=魂が望む学校=第1志望校)へスムーズに入学していくために魂的な観点、多くの経験に基づく現実的な観点からお伝えするお受験セッション(=ハートフル子育ちリーディングセッション)も「言われたようなプロセスを辿り、子ども自身が行きたい学校に楽しく通学しています!」と大好評を得ている。

子育てを十分に楽しみ、パートナーや家族とも調和しながら、自分自身も大切に、才能を発揮し、得た知識やスキル、体験を惜しみなくたくさんの人々と分かち合う在り方に、コアなファンも多い。

子どもの魂の側からの見方と、母として大人として現実的な側面よりできることをまとめた「子育て8つの鍵」の無料レポートも好評。

売上の一部を「ペシャワール会」「あるきんぐクラブのとーほく支援を応援しちゃう会」「あしなが育英会東日本大震災・津波遺児基金」に寄付しています。

~すべては子どもたちの心からの笑顔のために~