「どんな人でも学びになる。」

意識的な子育ては、

ただ親である自分の対処が、ふさわしかったことを祈ってまつのではなく、

その瞬間その瞬間でもっともふさわしい方法がわかるようになることです。

全米NO1子育て本作家、シェファリ博士の日本語訳本、
「良い親をやめれば生きる力のある子が育つ」
の読書会&ワークショップを開催中!

本を読み進めながら、日常のこと、子育てのこと等を、ワーク&シェアをしつつ、 
魂の観点、宇宙の法則の観点などから読み解くことで、 
仲間と共に楽しく「自分らしい軸や基盤を創っていく場」を目指しています。

「親としてもっとも重要な任務は、
子どもを上手に育てることだと
誰もが信じていますが、
実はそれよりも本質的な任務があります。

それは、????????ことです。

それが真に良い親になる基本です。
子どもは親からの一方的な考えや期待、
あるいは支配や管理は必要としていません。

親に求められているのは、
真の自分として、子どもの必要に応じて
積極的に関与する存在なのです。」

 

じゃあ、それってどういうこと?どうやって??
というところをワークショップでは、
丁寧に見ていきます。

頂いた感想の一部です^^

 

「自分の本質、子どもの本質を見つめて(かなり意識して)

対応しようと思いました。じっくりと子どもの話を

聞こうと実感しました。

表現の文章が難しいので、1回ではなく、継続して

学んだ方が良いと思いました。」

 

「本の内容を理解したかったので参加しました。

子どもと親は”精神的なパートナー”という言葉が

素敵だと思いました。

コンシャスな子育て、もっと学んでみたいと思いました。」

 

「タイミングがあった。テーマが面白そうだった。

今までの試行錯誤は必要だったんだなあ。」

 

「なんとなく、子どもの社会について思うこと、

いろいろあったため参加しました。

私が育てる、だとつらいし大変。共に育つ協力関係と

思うと、そういうのは好きだなあと思う。」

 

「子どものことについてもっと知りたくて、

参加しました。

バランスをとること。放任も違うんだと感じました。」

 

「肯定的な受け止め方が良かった。いい場所ですね」

 

「シェファリ博士のご本に興味があった。

原書で読んでいるのでガイドが欲しくて)

中3の子どもが反抗期でどうつながっていいかわからなかったから。

 

本質の自分に戻ることが親子関係で有効だということ、

子どもに問題を見ていたがそうではないということ。

来て良かったです!ありがとうございました!」

 

「息子が進路を決めるにあたって、親としてどう関わって

いけるかヒントがほしかった。

息子の言うことが自分の痛みに触れすぎて、

変な対応してしまうのでリセットしたかった。

 

無意識的に、自分の言動が何を伝えているのか、

意識するという視点。

やはり本を自分で読んだだけでは、全く理解が

ついていかないので、参加して良かった」

 

「(シェファリ博士来日講演プロジェクトの)

活動を応援したい、本を読み込みたい。

本質を知ること。

どんな人でも学びになる。」

 

「告知文に”我が子が可愛すぎて外に出すのが心配”

というのがあり、今それがまさに心配だったので

参加しました。

 

自分の本質のことで、これからも大事に見ていいんだ

と思えました。

今後パートナーシップのことも聴きたいです。」

<次回開催>

7月5日(木)10時半~12時半

9月6日(木)10時半~12時半 

<参加費>

2000円(場所代)+応援の気持ち お子様連れ可

<場所> 

高円寺フリースペース「ひとつな」

http://kouenji.biz/hitotsuna/

JR高円寺駅南口より徒歩8分、丸ノ内線新高円寺駅より徒歩6分
ルック商店街内
東京都杉並区高円寺南3-23-16
03-6454-6800

ヒトツナ「コンシャスな子育て」読書会&ワークショップ

お申し込みはこちら

 

Tree of “LUCE”カレンダー

2018 7月

1
2
3
4
  • ご予約済体験セッション
5
  • ヒトツナ講演会
6
7
8
9
10
11
  • セラピストコンサル
12
13
  • セラピストプレクラス
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31